保存状態と値段は比例する!?ブランドの相場の変動について

査定額に影響を与えるのは

ブランド買取の査定額は相場だけでなく、保存状態によっても変わります。高い人気を誇るブランド品でも破損をしていたり、シミや汚れが目立つ状態であれば査定額が下がる原因となってしまいます。実際に査定に出す前には、シミや汚れがないかをしっかりと確認しておくことが大切です。布で軽く拭けば落ちる汚れやバッグ類の内側の小さなゴミなどをしっかり取り除いておくことで、第一印象が良い状態を作ることができます。ただ汚れを落とそうとして、ブランド品を傷めてしまったのでは意味がありません。そのため、落ちない汚れがあるのであれば無理に綺麗にしようとせずにそのまま査定に出すことがおすすめです。破損に関しても、直したことで上がる査定額よりも修理費用の方が高額になることが多いため、修理をせずに査定に出す方が良いでしょう。

ブランド品そのものだけでなく

ブランド品を購入した時には袋や箱、ギャランティーカードなどの付属品がついてきます。付属品の内容はブランドや購入するアイテムによっても異なりますが、購入時に近い状態の方が査定額が上がりやすくなります。そのため、査定に出す前にはブランド品自体の状態を確認するだけでなく手元にある付属品はしっかりと揃えておくことがおすすめです。将来手放す可能性があるのであれば、購入した時点でついてきた付属品は全て手元に残しておく方が良いでしょう。そして、ブランド品自体も高温多湿の場所を避ける、バッグなどは定期的に虫干しをするなど保管方法に気を使っておいて損はありません。保管状態が良く付属品も揃っていれば、良い査定額がつく可能性が高まります。

金買取は価格相場や純度などを基準に査定が行われますが、価格相場は常に変動しているので注意が必要です。